少しずつ、こつこつと

小学生のタブレット自宅学習、英会話、習い事などについて記載しています

小学1年生【夏休み読書におススメの本】

幼稚園時代からの愛読書「おしりたんてい」

娘が幼稚園の頃から大好きな本は「おしりたんていシリーズ」です。

 

寝る前に何度も何度も読み、私もほぼあらすじを言えます。おしりマークを探したり、迷路になっていたり、子供には飽きない仕掛けが随所に散りばめられたこの本、人気なのも納得です。

 

しばらく「おしりたんてい」のみ読んでいた時期もありましたが、最近になり少し変化が見えてきました。

 

大人も楽しめる絵本「落語絵本シリーズ」

 

大好きとは違うのかもしれませんが、意外とはまったのが落語絵本シリーズです。

 

可愛らしい挿絵を好む娘ですが、この落語絵本シリーズは古風です。

内容も、言葉の言い回しも当然落語調です。

にもかかわらず飽きずに読んでいます。

 

よく知られた「じゅげむ」がこの落語絵本シリーズにあって、テンポの良い展開が心地良いのか、一部内容を暗記するほど読んでいます。

夏休みの読書にこの落語シリーズを何冊かいれることにしました。

現在全15巻まで出ているようです。まだ数冊しか持っていないので、今年の夏に追加しようかと思っています。

 

この落語絵本シリーズは大人でも楽しめるので、大人にもぜひオススメしたい絵本です。

 

これからたくさん読んで欲しい本「伝記」

 

また最近興味を持ってくれた本が伝記の本です。

適度に挿絵があること、字が大きめなこと、長すぎないことを加味して伝記の本を購入しました。

 

1年生用とあって、字も大きく読みやすく一つづつ読めば短めなので、1日1から2章で1週間で読み終わりました。

 

クイズ番組でこの伝記の登場人物が出て来た時に知っていることを誇らし気に話していました。

知っている楽しさを感じたようです。

このシリーズは6年生まで学年ごとに出ているので少しずつ購入しようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

寝ない子におすすめの絵本

本棚の絵本が散らかっているので片付けていたら、最近読んでいない絵本がたくさん出てきました。

読まなくなった絵本は、人に譲っていますが、いくつか思い入れのある絵本は手元に残しています。

 

娘は今でこそ大丈夫かと心配になるほど爆睡し、寝つきも良いですが、4歳くらいまではショートスリーパーかと思うほど寝ず、寝つきも悪かったのです。

 

読み聞かせをしながら寝るのは今と同じですが、絵本を3冊くらい読んでも寝ないという状況でした。

ベットに入って直ぐに寝れてしまう、不眠とは程遠い私にとって、娘が4歳頃までの読み聞かせの時間は苦行のようでした。

 

そんな中出会った絵本が「うそつき」という本でした。その頃、娘は飛び出すようなしかけのある絵本が好きでした。しかけ絵本を探している中で見つけたのがこの本です。

ページに切り抜き箇所がある絵本で、大きな仕掛けではないものの、ページをめくる度に少しづつ変化する挿絵は子供には興味を抱くものだったと思います。

 

この本は直ぐに娘のお気に入りになりました。毎日のように読むようになり、この本を読むと落ち着くようでした。

そして最初にこの本を読むと、何冊も読まなくてもこれだけで寝るようになったのです。

 

私も毎日絵本を読むうちに読み聞かせにも慣れ、どんな風に読めば寝つきが良くなるか研究していました。

基本、どんな本でも低めの声でゆったり読むと寝つきが良い気がします。

 

かといって当時まだハマっていたアンパンマンの本をゆったり読むのは、本のイメージが変わってしまいます。

「やめるんだ!バイキンマン!」とのっそり、ゆったり読んだら、アンパンマン、弱そうになってしまいます。

 

この「うそつき」という絵本、低めの声でゆったり読むにはピッタリなのです。

そんな風に読むととっても穏やかな気持ちになるのです。優しい気持ちになる絵本なので安心して寝付けるようです。

寝つきの悪いお子様を持つお母様にぜひぜひオススメしたい絵本です。

 

 

娘の大好きだったアンパンマンの絵本もたくさん持っていたのですが、それは人に譲ってしまいました。永遠のヒーローは直ぐに貰い手が見つかります。

そんなアンパンマンを描いた、やなせたかしさんの絵本で一つだけ譲らず残している絵本があります。その本は娘というより私のお気に入りです。

私のお気に入りの絵本は長くなってきたので、また今度書いてみようと思います。

 

新しいタブレット+トップ大学生のフォローアップサービス【RISU算数】