少しずつ、こつこつと

小学生のタブレット自宅学習、英会話、習い事などについて記載しています

学童や習い事、小学生の放課後の過ごし方

小学校に上がるときに共働きの我が家が悩んだことは、「放課後の過ごし方」です。

保育園やこども園はやはり働く親に手厚いなと進学時に改めて感じました。保育園やこども園はおやつも用意してくれて、習い事もさせてくれる所もあります。

また何より多少遅くなっても延長保育があることは働く親にとって何より心強いものです。

 

小1の壁などと言われることもあるように、小学生になると放課後をどう過ごさせるのか我が家も頭を痛めました。

 

我が家の場合、入学当時は民間学童と公設学童を併用していました。

その後、本人の希望があり現在は民間学童をやめて公設学童と習い事を併用しています。

それぞれの学童や習い事のメリット、デメリットを記載します。

 

民間学童で感じたメリットとデメリット

民間学童に通ったメリット

  1. 送り迎えがありました。学校の門までの迎え、自宅までの送りがあったので安心でした。幼かったので迷子にならないかと本気で心配していたので、入学当初はとても助かりました。
  2. 習い事を時間内に選択できました。放課後を有意義に使うことができました。働く親には特に低学年のうちは習い事の送り迎えもかなりの負担かと思います。
  3. おやつタイムがあり、夕食も希望する時は用意してくれたので、お腹をすかせてないかという心配は無用でした。
  4. 長期休みは豊富な課外活動が用意されていました。我が家も入学前の春休みから参加しました。いろいろな施設や博物館へ行ったことは楽しかったようです。
  5. 学校だけでなく他の学校のお友達が出来ます。

民間学童に通ったデメリット

  1. 当然お値段はそれなりにします。
  2. 送迎は車で安心ではありますが、いろいろな学校を巡ってそれぞれの学校からの児童をピックアップして学童に着くので車の中で1時間近く過ごすこともありました。また帰りもそれぞれの家を回って到着するので車の中で寝てしまうこともしばしばでした。
  3. 公設学童に行くお友達が多かったので、そちらに行きたがりました。

本人や周りの環境で差ががあるので一概には言えません。あくまで我が家のメリット、デメリットです。

 

公設学童と放課後の習い事の現状について

現状のメリット

  1. 学校のお友達と遊ぶことは楽しいそうです。
  2. 費用があまりかかりません。
  3. 学校に併設しているので移動の心配がありません。

現状のデメリット

  1. 一人で帰ってきてもらっているので、遅くまでは預けられません。遅くなる時は迎えに行く必要があります。
  2. 夏休みなどはお弁当作りが必要です。

学校の帰りに習い事に行ってもらっています。民間学童で充足してくれた習い事は自分で行かなければならないのですが、だいぶしっかりしたこと下校の途中で回り道ではないので習い事に通えています。

念のためGPSを持たせています。

お友達との遊ぶ時間を確保しつつ、習い事の時間も確保したいという欲張り状態ではありますが、本人の成長に合わせて今後も放課後の過ごし方を見直していく必要がありそうです。

水泳「級」に合格すること〜短期水泳教室に参加して〜

夏休み明けに学校の水泳の級が一つ上がりました。

本人、本当に嬉しそうで、自慢げで、帰宅後すぐに報告してくれました。

私も本当に嬉しくて一緒に喜びました。

 

夏休み中は旅行先のプールや自宅近くのプールで休日に練習しました。プールへは自発的に行きたがりました。

また夏休み中に一度、水泳の単発レッスンに参加しました。

本人が継続した水泳教室に行きたくなさそうなので、単発のレッスンを探したのですが意外にもオススメです。少人数で2時間コースの水泳教室に行ったのですが、ここで少し自信が出たようです。

ネットで探すと春から夏は小学生向けの水泳短期レッスンがいくつかありました。秋から冬は短期レッスンの開催があまりないですがプライベートレッスンは年中あるようです。

時々はこういったプライベートレッスンを利用するのも良いかと思っています。

 

夏の成果がほんの少しの前進ですが級という形でもらえたことは、確実に本人の自信につながったはずです。

 

運動、音楽、英語、勉強、どれもほんの少しの達成感を積み重ねていけるようサポートしたいと思います。

英会話教室を楽しむ工夫

週1回の英会話教室は今のところ楽しく通っています。

はじめの数回は特別な感想も言わなかった娘が、徐々に「楽しかった」と言うようになり、最近は英会話教室の日を楽しみに待つようになりました。

お迎え時に教室から漏れてくる声を聞くと先生が楽しませてくれている様子が伝わってきます。

感謝です。

 

最終目的はもちろん英会話が出来る事なのですが、先ずは英語アレルギーにならないようにサポートしています。

自宅でのとりくみは↓

①宿題はしっかりやること。

②チャレンジイングリッシュを毎日取り組む。

どちらもダラダラやらず、短時間で終わらせています。もう少し長い時間取り組んで欲しいところですが嫌いにならないことを今は心がけています。

 

そんな短時間の取り組みでも、徐々にアルファベットを覚え、単語を覚え成長を感じるようになってきました。

 

英会話はこれから長い学生生活でずっとついてくるものなので、苦手科目にならないように気をつけていこうと思います。

 

プログラミング教育とは何なのか

2020年、教育改革が始まります。

小学生から英語が教科として始まります。またプログラミング教育もスタートします。

習い事も英語や水泳などに並んでプログラミングの広告も目にするようになりました。

またチャレンジタッチもプログラミングのアプリが入っていて、本格的にプログラミングが学校での学習内容になる実感がわいてきました。

 

親世代、教師世代が学生時代に無かった授業が小学生から実施されることに多少なりとも不安を覚えている方も少なくないかと思います。

私もその一員、プログラミング教育って何をするのかと疑問に思う一人です。

 

プログラミングについて調べている中で「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」というサイトを見つけました。

これから始まるプログラミング教育について記載されているサイトです。サイトでプログラミングを学べる教材も紹介されていました。

どんなツールで学べるのか参考になります。

 

まだ模索している最中ですが、出来る範囲で無理なく来年度からのプログラミング学習の準備ができれば良いなと考えています。

 

 

チャレンジタッチ「小学生計算まるごとアプリ」で判明した事実

チャレンジタッチに入っているアプリで「小学生計算まるごとアプリ」というアプリがあります。

タイトル通り計算問題を段階的に進めていくアプリです。

 

毎月の課題以外に、このアプリを活用して計算の反復練習に役立てています。

 

f:id:feiruna:20190902081402j:image

 

この計算アプリは、小学1年生の「たしざん」から6年生の「分数と少数のまじった計算」まで27段階に分かれています。

f:id:feiruna:20190902082418j:image

 

今まで気づかなかったのですが、このアプリ「みんなの進度」が見れたのです。

他のチャレンジタッチを使用している1年生がどのレベルにどれくらいの人数いるかが見れるのです。

 

圧倒的にたしざん、ひきざんと1年生のレベルをこなしている人数が多いのですが、早い子は早いようです。

2年生レベルまで進んでいる子もそこそこいて、学年が上がるにつれて少なくなっていくのですが、6年生レベルのレベル27まで終了している人数もかなりいるのです。

 

衝撃でした。小学1年生で四則計算、小数点まで理解出来る1年生もいるようです。

 

着実に進めたい人は復習に、先取りしたい人は予習に活用できるアプリだと思います。


チャレンジタッチの「小学1年生で習う漢字」と「漢字検定10級」

チャレンジタッチの漢字アプリでコツコツ練習してきたおかげで、一通り1年生の漢字80字の学習が終了しました。

f:id:feiruna:20190830090426j:image

 

終了といってもまだまだあやしいと思いますが、小学校の授業で困らない程度には覚えているようです。

画数の多めのひらがなやカタカナ全般が苦手だった娘が思った以上に早く1年生の漢字を終えたので驚いています。

漢字アプリは短時間で1つの学習が終わるので、少しづつ無理せず進めることができたことが良かったようです。

 

チャレンジタッチの漢字アプリは、このまま2年生の学習へ進めるのですが、まだ2年生の漢字は進めていません。

 

先に書いた通りまだまだあやしい字もあるので復習も兼ねて、漢字アプリの中の漢字検定の練習問題を解いています。

漢字検定の10級が小学1年生程度の学習内容なので、現在は10級の練習問題に挑戦中です。

f:id:feiruna:20190830090507j:image

しばらく10級の問題で繰り返し学習してから2年生の漢字に進めていこうと思います。

 

 

 

www.feiruna.com

 

RISU算数 タブレット学習【小学1年生8月現在の記録】

8月はあっという間に過ぎて行きました。旅行にお出かけにとイベントも多かったため、そして何より私の夏バテが大きく影響し、自宅学習はスローペースで進みました。

先に進ませず復習多めでお願いしました。娘の「わからない」に応える気力が無かったという、完全なる親都合ですが、今までの学習を定着させることが出来たのではないかと思っています。

新しいタブレット+トップ大学生のフォローアップサービス【RISU算数】

f:id:feiruna:20190828130510j:image

夏休み中に感じたRISU効果は、時計の学習です。

以前は時計に数字版が無いと読めなかったのですが、数字のない時計も読めるようになりました。

また1分単位で細かく刻んである時計は何とか読んでいたのですが、5分単位の時計は「何分」が読めませんでした。最近は5分単位刻みの時計も18分くらい、33分くらいと読めるようになりました。

まだ時計学習のステージはクリアしてませんが、何回か同じ問題を繰り返し解いたことで理解が進みました。

新しいタブレット+トップ大学生のフォローアップサービス【RISU算数】

f:id:feiruna:20190828130654j:image

1日の平均時間↑が示す通りの短時間学習ですが、夏休みでもまずまずの頑張った1ヶ月でした。

夏休みボケにならないくらいの学習を維持できたかと思います。

学校の勉強も少しずつ難しくなってくると思うので、RISUやチャレンジタッチで予習して、学校の授業で理解を定着する流れを維持していきます。