少しずつ、こつこつと

小学生のタブレット自宅学習、英会話、習い事などについて記載しています

RISU算数 タブレット学習【小学1年生8月現在の記録】

8月はあっという間に過ぎて行きました。旅行にお出かけにとイベントも多かったため、そして何より私の夏バテが大きく影響し、自宅学習はスローペースで進みました。

先に進ませず復習多めでお願いしました。娘の「わからない」に応える気力が無かったという、完全なる親都合ですが、今までの学習を定着させることが出来たのではないかと思っています。

新しいタブレット+トップ大学生のフォローアップサービス【RISU算数】

f:id:feiruna:20190828130510j:image

夏休み中に感じたRISU効果は、時計の学習です。

以前は時計に数字版が無いと読めなかったのですが、数字のない時計も読めるようになりました。

また1分単位で細かく刻んである時計は何とか読んでいたのですが、5分単位の時計は「何分」が読めませんでした。最近は5分単位刻みの時計も18分くらい、33分くらいと読めるようになりました。

まだ時計学習のステージはクリアしてませんが、何回か同じ問題を繰り返し解いたことで理解が進みました。

新しいタブレット+トップ大学生のフォローアップサービス【RISU算数】

f:id:feiruna:20190828130654j:image

1日の平均時間↑が示す通りの短時間学習ですが、夏休みでもまずまずの頑張った1ヶ月でした。

夏休みボケにならないくらいの学習を維持できたかと思います。

学校の勉強も少しずつ難しくなってくると思うので、RISUやチャレンジタッチで予習して、学校の授業で理解を定着する流れを維持していきます。