少しずつ、こつこつと

小学生のタブレット自宅学習、英会話、習い事などについて記載しています

チャレンジ、考える力プラス講座を始めています

1年生になってから始めたチャレンジタッチは、学習ペースも整って、「今日はこれとこれをやったたから終わりね」などと娘が自己申告するようなりました。

 

毎月の課題、漢字アプリ、チャレンジイングリッシュの3つをこなすことがルーチンとなっています。

 

たまに余裕があると他のアプリをいじっています。

 

そして毎月の課題は今のペースだと半月で終えるので、月の後半は「考える力プラス講座」に時間を割いています。

f:id:feiruna:20200121010003j:image

まだ考える力プラス講座を受講して日が浅いのですが、計算問題などと違って、スイスイ進む問題ではなく「考える問題」が確かに多いと感じます。

 

例えば、お話の続きを考える問題は初め娘はかなり時間がかかって考えていました。

最初はわからないを連呼して鉛筆が進みませんでしたが、慣れてくると自力で解く努力をするようになりました。間違っても何かしらの答えを出すまでは、私も口をださないようにしています。

直ぐ口を出したくなるのですが、じっと我慢!

 

1年生ももう少し、自力で進める力を養ってくれることを期待します。